2019年09月05日

北海道胆振東部地震からまもなく1年

北海道胆振東部地震からまもなく1年

そもそも9月の頭は防災の日だったりするわけで、道内の放送局では特番などが予定されています。

我が家では使っていない部屋の中は積んであったものが崩れてしまってそのままだったりしていますが、ひとまず生活に商をきたしていないので放置していたりします。

ちょっと適当に雑に振り返って見たいと思います。

【地震のゆれに対する対策はなし】
不安定だったものが崩れ落ちたりして、一番被害が大きかったのは台所。
サラダ油のボトルが落下してカーペットに油がぶちまけられたことかな。
未使用油だったので、幾重にも吸収材でのんびり吸い取っていくぐらいしかやりようがないのでそんな感じ。
そしてもとのようにボトルは棚の上(笑)

寝床では重く硬いものが自分の上に降ってこないので、まあ概ね問題なし。
それらだって地震の規模次第で、大きすぎれは家屋倒壊で下敷きになりますから、ちょっとした「突っ張り棒」の範疇までしか対応は難しいだろうなと思ったいます。

【水道、ガス、電話は問題なかった】
ガスはマイコンメーターで自動遮断されたけど、プロパンなので各家庭でリセットするだけで、ガス漏れチェックをして合格なら復旧。
水道も問題なし。
電話も我が家はアナログメタルケーブルなので、最低限は局給電で通話可能。
内地の親戚からも電話が入ったぐらい。
ただ姉の家はつながらなかったと親戚が言っていたので、停電の影響でひかり電話が死んだのだろうな。

【とにかく大停電が一番の敵】
すべてのものを一気に無力化するのがこれ。
我が家は何台ものラジオがあるし、乾電池の買い置きもあるから最低限の情報は手に入りました。
しかし冷蔵庫は思ったほど耐えてくれなかったので、真っ先に冷凍庫の中の肉類の消費へ。

停電の夜にあちこちでBBQや焼き肉パーティーが行われたという理由はそれ(笑)

時期的に家の外に出られたからいいようなものの、真冬だったら死活問題だよね。
寒冷地のストープは電力必須だもの。

そしてスマホが充電切れを起こす

【携帯電話が使えなくなるというデマ】
それって基本的にはデマであり、ある部分は「嘘ではない」という感じ。
第一段階:ほとんど通常と同じように基地局が稼働している
第二段階:狭小セルなど一番設備の貧弱なところから蓄電池切れを起こす
 こうなると、家の中で使えていた場所で入りが悪くなったり、基地局を探す電波を頻繁に出すようになってスマホや携帯の電池の消耗が増える
第三段階:中セルや大セルでの運用に切り替わるためにまずます入りが悪くなるし、消耗が早くなる

4時間程度で使えなくなるというデマは、ある意味では第二段階〜第三段階あたりで起こり始めているわけですが、「本当に使えなくなった」わけではなくて「お前の環境では従来と同じにならなくなった」という話。
最寄りの基地局にべったり依存していて、そこが落ちたり制限運用になったりした場合「影響を受けた」と感じることでしょうね。

docomoもこんなに長時間になるとは思っていなかっただろうし、災害運用の範囲でも「使えなくなるわけではない」ので、公式発表としては「デマに惑わされないで!」です。
それを放送で拡散するのは公式情報だからね、ふつうのこと。
そりゃ場所によっては不感地帯できたとおもうけどさ。

当初は普通にネットできていたスマホも、明るくなってから昼前までに、電波マークは十分だっていてもパケットが通らない事が増えて、タイムアウトもよく起こりました。
そしてみるみる電池残量が減っていく。

また、充電サービスをしている場所を自力で見つけ出すことってなかなか難しいものです。

とにかく電気がつかえないことで一気に首を絞められた状態だったのは間違いないと思います。

2019年08月04日

床屋

2019080415180000.jpgプラージュ理容千歳
posted by PAKU at 15:18| Comment(0) | 日記

2019年06月11日

床屋

2019061113490000.jpgプラージュ理容狸小路
posted by PAKU at 13:49| Comment(0) | 日記

no-title

posted by PAKU at 13:48| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

床屋

2019051615250000.jpgプラージュ理容千歳
posted by PAKU at 15:25| Comment(0) | 日記