2018年06月01日

衛星放送(BS/CS)のアンテナを設置するはなし

今の時代、もうだいたいの家に、BS/CS110のパラボラアンテナは付いてますよね。
今後は、4K/8K用アンテナの設置も増えるかもしれませんね。
実は我が家には、パラボラはありませんでした。
取り付ける機会を失ったといえば失ったんだよな。

理屈から言えば、
BC453K.jpg

このような、一式を買い揃えて、屋根とか壁とか手すりに設置して向きを合わせりゃ映るはずです。
一番簡単なのは、窓やバルコニーの手すりに取り付けることです。

それらに適応がない場合こまりものです。
我が家の場合、もともとの家屋の外壁を防音工事(防衛省の飛行機や民間航空機騒音対策)が実施されているため、素人作業ではかっちりと壁面に取り付けることは困難です。

そこで、工事をしていただいた工務店さんに連絡をしました。
そこから取引の電気工事屋さんへ連絡が行き見積もり。
会社2つ分の利益も乗るので、10万円弱ということで見送り。

ネット検索するとたくさん引っかかるのですが、ほとんどが0120で全国共通の連絡先へかけて、そこから地区の提携会社へ仕事を振るタイプ。
安い値段を掲示していますが、それに含まれていないものはなにか、よく見えないです。
どう考えても、その仲介会社が手数料を相応に取るわけですよ。

地元の会社に直接頼める場所を探しました。
iタウンページで見つけたところ
https://itp.ne.jp/info/014009380000000899/
有限会社 近藤電気商会 さん
北海道千歳市で地デジBSアンテナ取付・配線工事・修理 出張見積無料
0123-23-3321
こちらに連絡をとって見積もりしていただきました。
するとやはり予算オーバーではありますが、技術職を時給いくらでつかうんだ、と考えると妥当と考えました。
基本としては、お客はテレビだけでほかの準備していないことを想定します。
(アンテナ一式の販売もお店の利益であり、ほかの手間賃部材費に充てる分となります。)

なにがいいか
なんといっても、自前で高所作業車を持っているところです。
P_20180601_144313.jpg

これがないと、「借りてきますから〇万円」で請求されることになります。(1日いくら)
量販店に頼んでも、来てくれる業者さんは札幌からだったりするので、地元のことは何も知りません。
それにくらべると、状況がわかるし見積もりに来るのも、作業に来るのも早い。
お金を落とすなら、どこか知らないところよりも地元の会社がいいです。

結局、同軸ケーブルは付属品の4CFB 15mではなく、業者さんの5Cケーブルをちょうどいい長さ分切り出していただきました。また壁に穴を開けずに、サッシの隙間ケーブルを利用。屋内分も出していただきました。

金額は作業内容次第ですので、見積もり無料なんで特に地元なら話を聞いてみるといいと思います。
DIYでおさまらないならば、作業する人への報酬はまともに払いましょ。私はそう思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]