2011年03月18日

非常時のアマチュア無線に思う

非常時なんだから という人がいる。
非常時だからこそ統制の取れた運用をすべき と思う自分がいる。

避難所がいいのか、
自宅待機/退避がいいのか、どちらが過酷なのか外の人間にはわからない。
(正答は、「どちらも」だろう)

アマチュア無線が有益に効力を発揮する場面を想像すると、やはり被災から数日のうちの孤立地域を知ってもらうことじゃないかな。

遭難通信や非常通信は、法の定めを超えた運用をすることが容認されます。
(実施した場合は、すみやかに実施地区の総通に報告しなければなりません。)
またそれらが許されるための「要件」もしっかり規定されています。
これは、個人的な遭難か、大規模災害かに区別はありません。

連絡手段が足りないからという理由で、アマチュア無線機を流用しアマチュアバンドで運用することには、大きな疑問を抱いています。
行われるのであれば、アマチュア局として、アマチュア無線のルールに則って運用されなければ、「どこかのだれかの違法無線」でしかありません。
だから、たとえ「救援」を求められても真偽の確認は無理。
警察消防を経由してその情報を伝えることは、虚偽であることも考慮しなければなりません。

総務省や総合通信局は、災害地域の自治体に、緊急時特例としてコールサインを付与し、さらにそこから任意に枝番号の発給権限を与え、特例アマチュア局のような形にでもしないと、どこのだれが電波を出しているのかわからなくなります。
アマチュアバンドで運用する局は、アマチュア局とガイダンス局であり、それ以外は違法局でしかありませんから、通常連絡用への流用にはなんらかのお墨付きを与えなければなんともおかしなことになります。

FRSやGMRSを災害時だからお咎めなしにしろ!ということを主張する人はそんなに多くないんじゃないかな?
正規に割り当てられている無線局の周波数を勝手に乗っ取ることは許されまい。

急ピッチで支援体制が構築されつつある今、超法規的運用をしなければならない期間はそんなに長いとは思えないのです。

なにせ、周波数をどこを使っていいのか、無線通信の訓練や経験のある人じゃないとわからないしうまく使えない。
少なくとも素人さんに渡して、「便利な無線」では、ルールに乗っ取って行われているほかの通信に障害を与えたりの懸念もあります。

刻一刻と時計をにらむような状況ならばやらないほうが間違いだと思いますが、その時期を徐々に脱しつつある今、これから準備して搬入して配って...はどうしたものかなぁ?

悩ましいです。

posted by PAKU at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2010年08月18日

今日のワゴンセール

今日のワゴンセール
地元ポスフールから家電売り場がなくなり、近郊のイオンへ行かなかった小物類と思われます。

両端3.5ミリステレオミニプラグ(抵抗入り)ケーブル300円
3.5ミリステレオミニプラグRCAピンジャック(L/R)300円
ACメガネケーブル100円
テレビ3分配980円
4.5VAC電源アダプター350mA500円
もう少し漁りたいな

posted by PAKU at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2010年07月08日

いい加減なのに

いい加減なのに こんなにいい加減なのにホイップアンテナよりはるかにいい(笑) これ二階か外に付けるとよさげ風 もっと太い針金でハットアンテナにするのも簡単そう

posted by PAKU at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味