2010年08月31日

はやぶさ:嶌さん、がっかりだよ

時代を読む:嶌信彦の眼 「はやぶさ」が示していること
http://mainichi.jp/life/money/news/20100831org00m020034000c.html
(毎日.jp 株・マネー)

悪い、途中で読むのを止めた。
あまりにも中身がガッカリだ。

>イトカワの大きさは直径540メートル、高さ200メートル弱程度のジャガイモ状のような本当に小さな惑星で、火星の軌道をまわっているという。

イトカワって火星の軌道を廻っているのかぁ。
ずいぶん遠くまで飛べるんだね、はやぶさって。
http://littleisland.blog39.fc2.com/blog-entry-1019.html
イトカワの軌道は、多くの小惑星が火星と木星の間を廻っているものと異なり、
火星より遠くから、地球より太陽に近い所を通るような軌道です。
決して「火星の軌道」なんか廻っていません。

>その結果「はやぶさ」の姿勢が崩れ、その後7週間も行方不明になったのである。地球から電波を送って「はやぶさ」に届くまでは15秒、それに反応して戻ってくるまでにまた15秒だから、「はやぶさ」との交信には1回で30秒かかる。

そんな近くにいれば楽だったろうにね。
その程度で済むなら「高度な自律」じゃなくて地上からのリモコン+自動で足りるじゃん。
太陽でさえ、光(電波)で8分なにがしの時間がかかるという初級のこともご存じないらしい。
まして、タッチダウンした頃は、地球より太陽に近い太陽エネルギーをたっぷり受けることができる環境にいたわけだけど、地球から見れば太陽を挟んだ向こう側です。

あの時期、片道15「分」と言われていた筈だが。

ということで、もうこの辺でその先を読む気が失せた。

wikipediaに言わせれば、
>嶌 信彦(しま のぶひこ、1942年5月5日 - )は、日本のジャーナリスト。

うーむ、ジャーナリストですか。
どんな取材・資料を用いて原稿を書いたのでしょうか。

割と好きなジャーナリストだったんだけど、評価は地に潜りました。
がっかりだよ、嶌さん。

posted by PAKU at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2010年08月29日

問題は「同省の専門家会議」

どっちにすべきかは、個人的に思うところはあるにしても、
国のレベルで決める部分がどのような根拠によって、妥当か否かを決めたのかが大切。
(それでも個人的には文句を言うかもしれないけどな(苦笑))

えーっと、
「文部科学省の専門家会議」
の、「専門家」って誰?
どんな「知識・見識・見聞のある人」が、何人で「どのような会議内容」だったんですか?
「専門家会議で決めたから俺たち直接手をくだしたわけじゃないもーん」by文科省&政治家
にしか見えませんが何か。

日本人の、「権威・お墨付き」に弱い部分を利用されまくっているのは、形式だけのパブコメとかと一緒。

怒れ、日本人!!

■朝鮮学校も高校無償化へ、「妥当」と文科省会議
(読売新聞 - 08月28日 03:01)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100827-OYT1T01147.htm

朝鮮学校も高校無償化へ、「妥当」と文科省会議

 文部科学省は、4月に始まった高校授業料実質無償化の対象に朝鮮学校を加える方針を固めた。

 同省の専門家会議が適用を妥当とする報告書を作成し、31日にも公表する方向だ。川端文科相も報告書を尊重する意向で、9月中にも学校名を告示することを検討している。ただ、適用には閣内にも異論があるため、関係閣僚らと協議したうえで最終判断する考えだ。(後略)

posted by PAKU at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2010年07月18日

イッているのか、キているのか

これぐらいの元気があればまだ大丈夫だなw
元気さえなくなったらあとは死ぬだけ。

がんばれ瀬棚

posted by PAKU at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース